【令和6年3月終了】高齢者肺炎球菌予防接種経過措置および任意接種費用一部助成終了のお知らせ

更新日:2024年02月07日

予防接種を希望する昭和34年4月1日生まれ以前の人は、令和6年4月以降、接種費用が全額自費になります。

高齢者に対する肺炎球菌ワクチンについては、平成26年から65歳の方を対象に定期接種に位置づけられ、70歳以上100歳までの5歳刻みの節目年齢(70歳・75歳・80歳・85歳・ 90歳・95歳・100歳)の方を経過措置の対象とし接種を実施しておりました。

この経過措置が、令和6年3月31日をもって終了となります。

これに伴い、これまで町独自で行っていた任意接種の費用助成も終了します。

上記の対象者で接種を希望する人は、お早めに接種をおねがいします。

令和6年度以降は「定期接種」の対象者のみ接種費用の助成をします

■令和6年度の対象者:次のいずれかに該当する人

1、年度内に65歳に達する人(S34年4月2日~S35年4月1日生まれの人)

上記の人には、4月初旬に案内ハガキを郵送でお送りします。

2、60歳以上65歳未満であって、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルス(HIV)による免疫の機能に障害を有する方

任意接種について

この任意接種の費用助成は、令和6年3月31日をもって終了します。

▶対象者:満65歳以上で定期接種の対象以外の方

▶接種期間:該当年度の4月1日~3月31日

▶助成回数: 生涯で1回目の接種のみ

▶接種費用補助上限: 4,280円

ご注意ください

自費・助成に関わらず、過去に一度でも肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことのある人は定期接種、任意接種ともに対象外です。

任意接種のため健康被害が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済となります。

町内での接種方法

1.ご自身が対象者であるかを確認し、医療機関へ直接予約してください。(保健センターへの申請は必要ありません。)

2.健康保険証をご持参の上、医療機関で接種してください。問診票は病院のものを使用してください。

3.町内の実施医療機関は下記の令和5年度保健行事予定表7ページをご参照ください。

町外での接種方法

接種後に保健センターでの申請が必要です。できるだけ早く申請にお越しください。

 1.ご自身が対象者であるかを確認し、医療機関でワクチン接種後、一旦全額をお支払いください。問診票は病院のものを使用してください。 2.下記の必要書類等を持って、保健センターへ申請にお越しください。

【申請に必要な書類等】

・医療機関で発行した領収書(被接種者の氏名・接種日・ワクチン名・ワクチン代金が記載されたもの)

・通帳(振込口座のわかるもの)

・問診票(本人控)

生活保護世帯の方は定期接種、任意接種ともに全額助成します。接種前に保健センターでの申請が必要です。

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター

〒636-0003
奈良県北葛城郡王寺町久度2-2-1-501 リーベル王寺東館5階
電話番号:0745-33-5000 ファックス:0745-33-5001