【対象期間延長】王寺町時短協力支援金について【飲食店対象】

更新日:2021年05月12日

奈良県の「新型コロナウイルス感染症緊急対処措置」により、王寺町は町内飲食店について、午後8時までの営業時間の短縮をお願いします。なお、時短に協力いただいた店舗に対しては、王寺町時短協力支援金を交付します。※対象期間が延長になりました。
なお、支援金の申請については、営業時間を短縮したことが分かる資料(写真等)が必要となります。
★下記の「営業時間短縮のお知らせ」を参考に、営業時間短縮が分かる掲示物を店頭にて掲示している写真を撮影してください。

5月12日~5月31日分の申請様式は、準備が整い次第、ホームページに掲載します。

営業時間短縮のお知らせ

給付金額

要件を満たした王寺町内で営業している店舗1店舗につき、協力期間中1日当たり、奈良県上乗せ支援金と合わせた以下の金額を支給します。

給付金額
令和元年売上 合計日額
3,000万円までの飲食店 20,000円
3,000万円を超え1億円までの飲食店 40,000円
1億円を超える飲食店 60,000円

※期間中の定休日も含めて時短協力支援金を支給します。
※法人の場合は、令和元年に属する事業年度とします。

交付要件

以下の要件をすべて満たすこと。

(1) 町内に店舗を有していること。

(2) 令和3年5月1日(土曜)~5月31日(月曜)【延長になりました】の期間中、営業時間を短縮し、午後8時から午前5時までの間、閉店する飲食店であること。
※定休日等の店休日を除く全ての営業日に継続して、時短営業(休業を含む)に協力した店舗ごとに支給します。
※期間中の全日で時短営業を行うことが原則ですが、制度を知ったタイミング等により結果的に時短協力の開始が遅れた場合にも、日数分の支援金をお支払いします。

(3) 業種別「新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」を十分に理解し、積極的に感染拡大防止対策に取り組んでおり、今後も継続して感染拡大防止対策に取り組みながら営業する意思があること。

(4) 町内において、食品衛生法に基づく営業許可(飲食店営業許可)を受け、通常、午後8時を越えて夜間時間帯に飲食店営業をしている店舗であること。

(5) 主たる事業が飲食店であること。

申請受付期間

【5月1日~5月11日分】
令和3年5月12日(水曜)~令和3年6月11日(金曜)まで
※継続して5月31日までご協力いただいた場合は、一括して令和3年6月30日(水曜)まで申請可能です。

【5月12日~5月31日分】
令和3年6月1日(火曜)~令和3年6月30日(水曜)まで
※5月12日~31日分の申請様式は、準備が整い次第、ホームページに掲載します。

申請手順

1. 午後8時までに閉店し、時短営業に協力する。

2. 営業時間を短縮したことが分かる資料を必ず残しておいてください。
※重要:店舗名、屋号、営業時間短縮の期間、営業時間の変更が記載されている告知チラシやホームページ、店頭に掲示している写真等を保存しておいてください。

3. 申請受付期間中に申請書類を提出してください。

4. 申請内容を審査した後、協力支援金を支給します。

王寺町時短協力支援金申請Q&A

王寺町時短協力支援金申請要項

申請様式

5月12日~5月31日分は、準備が整い次第、ホームページに掲載します。

この記事に関するお問い合わせ先

地域交流課

〒636-0003
奈良県北葛城郡王寺町久度2-2-1-501 リーベル王寺東館5階
電話番号:0745-33-6668 ファックス:0745-33-3001