2019年工業統計調査を実施します(2019年6月1日時点)

更新日:2019年05月14日

実施時期と調査対象

2019年工業統計調査は、従業者4人以上の全ての製造事業所を対象に、2019年6月1日時点で実施します。5月中旬から6月にかけて統計調査員が調査票を持ってお伺いします。

3人以下の全ての製造事業所に対しては、同じ時期に調査員が訪問いたしますが調査票の記入はございません。

工業統計調査とは

工業統計調査は、工業の実態を明らかにすることを目的とする政府の重要な調査で、統計法に基づく報告義務のある基幹統計調査です。経済産業省工業統計調査のページへ

調査の結果は中小企業施策や地域振興など、国及び地域行政施策のための基礎資料として利活用されます。

調査票に御記入いただいた内容は、統計作成の目的以外(税の資料など)に使用することは絶対にありません。

調査の趣旨・必要性を御理解いただき、御回答をよろしくお願いいたします。

製造事業者の皆様へ

経済産業省では、工業統計調査を2019年6月1日現在で実施します。

本調査は、製造業を営む事業所を対象に、1年間の生産活動に伴う製造品の出荷額、原材料使用額などを調査し、製造業の実態を明らかにすることを目的としています。

本調査は、国の重要な統計調査であり、調査結果は国や地方公共団体の行政施策の重要な基礎資料として使われるほか、大学や民間の研究機関、小・中・高等学校の教材など広く利用されています。

調査をお願いする製造事業所には、本年5月中旬から6月にかけて統計調査員が調査票を持ってお伺いするか、または国から直接郵送で届きますので、お忙しい時期とは存じますが、ご回答いただきますようよろしくお願いいたします。

なお、皆様からご提出いただく調査票については、統計法に基づき調査内容の秘密は厳守されますので、正確なご記入をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり推進課

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-23 王寺町役場2階
電話番号:0745-73-2001(代表) ファックス:0745-32-6447