【新型コロナ】国民健康保険税の減免を実施

更新日:2022年07月11日

新型コロナウイルス感染症の影響により一定程度収入が下がった人などに対して、国が定める基準に基づき、国民健康保険税の減免を実施します。

保険税の減免の対象となる人

保険税を全額免除

新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方

保険税の一部を減額

新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少(※)が見込まれる世帯の人

※保険税が一部減額される具体的な要件

世帯の主たる生計維持者について

(1)事業収入や給与収入など、収入の種類ごとに見た収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること

注:国や県等から支給された各種給付金(持続化給付金等)を除いて判断します。

(2)前年の所得の合計額が1,000万円以下であること

(3)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

注:申請にあたっては、収入を証明する書類が必要となります。

保険税減免額の算出方法

保険税の減免額は、減免対象保険税額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額です。

減免対象の保険税額(A×B/C)

A:世帯の被保険者全員について算定 した保険税額

B:世帯の主たる生計維持者の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額

C:主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額

注:主たる生計維持者の前年の所得額が0円またはマイナスの場合は、減免の対象外となります。

主たる生計維持者の合計所得金額に応じた減免割合(D)

300万円以下の場合:全部(10分の10)

400万円以下の場合:10分の8

550万円以下の場合:10分の6

750万円以下の場合:10分の4

1,000万円以下の場合:10分の2

※主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、対象保険税の全部を免除。

申請方法

申請には指定の申請書の提出が必要です。

申請する方は、事前に国保健康推進課へご連絡ください。

申請に必要なもの

【共通して必要なもの】

1.国民健康保険税減免申請書(以下からダウンロードできます。)

2.運転免許証、パスポートなどの本人確認書類(郵送の場合はコピーを添付してください。)

3.国民健康保険証(郵送の場合はコピーを添付してください。)

 

【減免の要件ごとに必要なもの】(郵送の場合はコピーを添付してください。)

○死亡した場合→死亡の事実が確認できる書類(医師による死亡診断書等)

○重篤な疾病を負った場合→医師の診断書等

○減収が見込まれる場合→令和3年の確定申告書(控)や源泉徴収票など、世帯全員の所得を証明

するもの(新型コロナウイルス感染症の影響であることが客観的に判断できるもの)

○廃業や失業の場合→廃業届や解雇通知、離職票等で離職したことが分かる書類

(新型コロナウイルス感染症の影響であることが客観的に判断できるもの)

○その他、必要に応じて根拠資料の提出を追加で求めることがあります。


※根拠となる資料の写しを添付してください。

申請書の提出先:役場1階 国保健康推進課

※申請は郵送でも可能です。

この記事に関するお問い合わせ先

国保健康推進課

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-23 王寺町役場1階
電話番号:0745-73-2001(代表) ファックス:0745-32-6447