○王寺町老人福祉センターの管理運営に関する規則

昭和57年9月17日

規則第6号

(趣旨)

第1条 この規則は、王寺町老人福祉センター設置及び使用条例(昭和57年9月王寺町条例第19号。以下「条例」という。)第5条の規定に基づき、王寺町老人福祉センター(以下「センター」という。)の管理及び運営について必要な事項を定める。

(事業)

第2条 センターにおいて行う事業は、次のとおりとする。

(1) 老人の生活相談、健康相談、機能回復訓練の実施等に関すること。

(2) 老人の就労等についての指導に関すること。

(3) 老人の教養向上のための事業の実施に関すること。

(4) その他町長が必要と認めること。

(休館日)

第3条 センターの休館日は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) 毎週木曜日

(2) 年末、年始(12月29日から、翌年1月3日まで)

(使用時間)

第4条 センターの使用時間は、次のとおりとする。ただし、町長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

(1) 一般施設 午前9時から午後5時まで

(2) 浴場 午前10時から午後4時まで

(職員)

第5条 センターに館長その他必要な職員を置く。

(使用手続)

第6条 センターを使用しようとする者は、受付で使用簿(様式第1号)に住所、氏名、年齢を記入しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、団体で使用しようとするときは、使用期日の7日前までに使用許可申請書(様式第2号)を提出しなければならない。

3 前項の規定により申請した事項を変更しようとするときは、あらかじめ届け出てその許可を受けなければならない。

(使用許可)

第7条 町長は、前条の使用を許可したときは、申請者に対し使用許可書(様式第3号)を交付する。

(使用制限)

第8条 町長は、次の各号の一に該当するときは、センターの使用を許可しない。

(1) 公益を害し、又は秩序を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 政治的、宗教的活動が目的であると認めるとき。

(3) 営利が目的であると認めるとき。

(4) その他管理上支障があると認めるとき。

(使用者の義務)

第9条 使用者が使用のため特に設備をしようとするときは、館長の許可を受けなければならない。

2 前項の設備は、使用後直ちに使用者において撤去しなければならない。

3 器具を使用したときは、使用後これを指定の場所に返納しなければならない。

4 使用の際、施設及び設備器具をき損し、若しくは滅失したときは、使用者においてこれを原形に復し、又は賠償しなければならない。

(目的外使用の禁止等)

第10条 使用者は、許可目的以外に使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用者の厳守事項)

第11条 使用者は、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けない室又は備品を使用しないこと。

(2) 施設を損傷し、又は汚損しないこと。

(3) 他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(4) 許可なく物品を販売しないこと。

(5) 火気に充分注意し、所定の場所以外で火気を使用しないこと。

(6) 室を使用した後は、清潔の保持に努めること。

(7) 前各号のほか、管理上必要な指示に反する行為をしないこと。

(委任)

第12条 この規則に定めるもののほか、センター運営に関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成2年規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年規則第41号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

王寺町老人福祉センターの管理運営に関する規則

昭和57年9月17日 規則第6号

(平成19年4月1日施行)