一般不妊治療費助成

更新日:2017年03月03日

対象

平成28年度から第2子以降の一般不妊治療費にも助成を拡大しました。

婚姻関係にある夫婦で、申請時に次のいずれにも該当する方

  • 夫婦のいずれか一方が、王寺町の住民基本台帳に1年以上登録されている方
  • 夫婦の前年の合計所得が730万円未満

ただし、医療保険に加入している方で、町税を滞納していない方

助成の対象費用

産婦人科又は泌尿器科で支払った、一般不妊治療の本人負担額

  • 医療保険の適用となる不妊治療
  • 医療保険が適用されない不妊治療。
     ただし、第三者からの精子・卵子又は胚の提供を受けて行う不妊治療、借り腹、代理母を除く
  • 治療の一環として行われる検査、不妊原因を調べる検査

助成額・交付等

本人負担の2分の1(50,000円を限度とします 。ただし、上記対象すべてに該当することが条件です。)

一旦全額自己負担し、保健センター窓口での申請により償還払い(申請は平日のみ受付)

助成金の交付は毎年4月1日から翌年3月31日までの間に1回、治療を開始した月の属する年度から5年間。

申請に必要なもの

ただし、4、5は同意をいただいた方で町で確認できる場合は省略できるものとする

  1. 王寺町一般不妊治療受診等証明書(下記よりダウンロードできます。)
  2. 一般不妊治療に係る領収書及び請求書(下記よりダウンロードできます。)
  3. 健康保険の被保険者であることを証明する保険証(ご夫婦各々の保険証をご持参ください)
  4. 法律上の婚姻の届け出をしている夫婦であることを証明する書類
    夫婦が別世帯である場合は、戸籍謄本が必要となります。
  5. 夫及び妻の前年の所得状況及び町税の納付を証明する書類
    1月1日の住民票が王寺町外の方は、課税証明書(児童手当用)が必要となります。
    1月1日の住所地で取寄せて提出してください。
  6. 王寺町一般不妊治療費助成金交付に関する同意書(下記よりダウンロードできます。)
  7. 通帳、印鑑(シャチハタ不可)
この記事に関するお問い合わせ先

保健センター

〒636-0003
奈良県北葛城郡王寺町久度2-2-1-501 リーベル王寺東館5階
電話番号:0745-33-5000 ファックス:0745-33-5001

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。