全ての小中学校へ来夏までにエアコンを設置します

更新日:2018年08月21日

これまでの経緯

現在、王寺町では、平成34年の開校をめざし、3小学校と2中学校の5校を再編し、義務教育学校(北・南)2校の整備を進めているところです。整備する義務教育学校(北・南)には、エアコンの設置やトイレの環境改善はもちろんのこと、ICT環境の充実など子どもたちの学びの環境整備を計画していました。

小中学校については、このような計画を予定していましたが施設整備の予定のなかった幼稚園の保育室には、平成29年5月にエアコンの設置を終えたところです。

 

今夏の気象状況をうけて来夏までにエアコンを設置します

しかしながら、気象庁によれば、今年の夏は、太平洋高気圧の勢力が日本付近で強かったため、西日本の月平均気温は平年差+1.6℃で、7 月として昭和21年の統計開始以来第2位タイの高温となるなど、全国各地で記録的な猛暑が続いています。熱中症の疑いによる救急搬送も急増する中、愛知県豊田市では熱中症による児童の悲しい事故が起こりました。

このような気象状況は今後も続くことが予想されることから、児童生徒の安全安心の確保が急務であり、来夏までにエアコンを全ての小中学校の校舎に設置するため、準備を進めております。

2学期の応急的な対策

今年の2学期開始時期までにエアコンを設置することは工期等の問題で不可能であることから、厳しい残暑が予想される9月の対策として、全ての教室に扇風機各2台を増設するほか、屋外には運動前後に利用できるミストシャワーを設置し、暑さ軽減のため、応急的な対策を講じてまいります。

以上のとおり、児童生徒の学びの環境整備に取り組んでまいりますので皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

平成30年8月

王寺町長 平井 康之

 

この記事に関するお問い合わせ先

王寺町教育委員会学校教育課

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-18 やわらぎ会館2階
電話番号:0745-72-1031 ファックス:0745-72-9588