雪丸ドローンの製作費について

更新日:2017年03月17日

寄せられたご意見

雪丸ドローンのニュースを今朝TVで見ました。

1600万円という費用に驚きを隠せません。

インターネット掲示板でも1600万は高すぎるとの声が多く出ています。

どこにどのような費用が掛かったのかを明確にしてほしいです。

回答

このたび、王寺町の観光プロモーションビデオ「雪丸散歩」を製作いたしました。王寺町の公式マスコットである雪丸がドローンとなり、町を案内するビデオは、世界初のゆるキャラドローンとして話題性があり、多くのメディアで取り上げていただいております。しかし、この雪丸ドローンの製作費について、一部説明不足により、誤解が生じている部分があるため、改めて全体事業の内容をご説明させていただきます。

 

この事業は国の10割交付金(国が全額交付・町の負担なし)を活用し、町の魅力を町内外に発信することで、王寺町に住みたい、住み続けたい、訪れてみたい人を増やし、町の活性化、経済産業の発展にもつなげていくために進めている事業であり、事業内容は以下のとおりです。

 

  1. 観光プロモーションビデオ作成費948万円(2分版・15秒版の2種類のビデオ製作費〔『雪丸ドローン』の製作費含む〕)
  2. 作成したプロモーションビデオのPR経費216万円(テレビやインターネット、SNSでのPR)
  3. 教材用ビデオ作成費108万円(15分程度の「大和川」「亀の瀬」を紹介するビデオ)
  4. 明神山情報発信コンテンツ作成費320万円(明神山山頂からの景色をホームページ、スマホから見ることができるコンテンツを作成、景色や山の概要説明についての連携大学の監修など)
      以上4項目で計1,592万円となっています。

 

 

総額1,592万円の事業費の中には、観光資源である明神山をPRする事業や町に住む子どもたちに町の貴重な資源である「大和川」や「亀の瀬」について学べる教材用ビデオの作成なども含まれています。

 

国からいただいた交付金により実施した事業を、より効果的なものとするため、今後、町の貴重な資源を磨き上げるとともに、継続して町の魅力を発信することで、多くの人々に王寺を訪れていただき、町の活気を生み出していくこと、また、王寺に住む人々には、郷土愛を育み、町を誇りに思っていただく、ふるさと意識の醸成につながればと考えています。

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

地域交流課

〒636-0003
奈良県北葛城郡王寺町久度2-2-1-501 リーベル王寺東館5階
電話番号:0745-33-6668 ファックス:0745-33-3001