退職者医療制度について

更新日:2017年02月28日

  会社や役所などを退職して、年金(厚生年金など)を受けられる65歳未満の方とその被扶養者の方で下記の要件にあてはまる方は、「退職者医療制度」で医療を受けていただきます。 「退職者医療制度」では、医療費(被保険者の一部負担金以外の部分)の一部が、現役時に加入していた健康保険からの拠出金で賄われ、間接的にみなさんの国民健康保険税の負担軽減が図られます。

対象となる方

次の条件の全てにあてはまる方(退職被保険者本人)とその被扶養者です。

  • 国民健康保険に加入している方
  • 65歳未満の方
  • 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けられる方で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降で10年以上の加入期間がある方

一部負担金の割合

一部負担金の割合は一般の国民健康保険の方と同じです。

手続きに必要なもの

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • 年金証書
この記事に関するお問い合わせ先

国保健康推進課

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-23 王寺町役場1階
電話番号:0745-73-2001(代表) ファックス:0745-32-6447