(事業者の皆様へ)令和元年度介護報酬等のお知らせ

更新日:2019年09月18日

令和元年度介護報酬改定等のお知らせ

令和元年10月1日から消費税が改定されることに伴い、令和元年度の介護報酬改定が行われました。

つきましては、厚生労働省が通知している、次の関係資料の内容をご確認のうえ、関係職員の周知及び利用者等への周知、説明を適切に行ってください。

王寺町介護予防・日常生活支援総合事業について

介護予防・日常生活支援総合事業は、市町村によって利用単位数や内容が異なります。令和元年(2019年)10月改正に伴い、単位数の見直しを行います。

令和元年10月1日改正に対応した「サービスコード表」及び「総合事業単位数マスタ」につきましてはでき次第ホームページに掲載いたします。

 

介護保険被保険者証の取扱いについて

介護保険被保険者証に区分支給限度基準額について記載がありますが、今回の変更による再交付は行いません。令和元年10月以降については、お手持ちの被保険者証に記載された改定前の区分支給限度基準額を改定後の基準額に読み替えてご利用下さい。

なお、10月以降に発行する介護保険被保険者証については、新たな区分支給限度基準額が記載されています。

区分支給限度基準額の改定について

介護報酬に合わせて、在宅系サービスにおいて要介護状態区分に応じて決められている1月の利用限度額である「区分支給限度基準額」も、以下のとおり令和元年10月1日から引き上げられます。

区分

現行【9月31日まで】

改定後【10月1日から】

事業対象者

5,003単位

5,032単位

要支援1

5,003単位

5,032単位

要支援2

10,473単位

10,531単位

要介護1

16,692単位

16,765単位

要介護2

19,616単位

19,705単位

要介護3

26,931単位

27,048単位

要介護4

30,806単位

30,938単位

要介護5

36,065単位

36,217単位

 

運営規程、重要事項説明書等の変更について

報酬改定に伴い、利用料が変更になります。必要に応じて運営規定、重要事項証明書等の変更を行って下さい。運営規定を変更した場合は、変更届の提出が必要です。

利用者負担額の変更については、利用者・利用者家族等に対し、十分な説明を行うようにして下さい。説明に使用した資料(重要事項説明書等)は保管し、説明を行ったことを記録しておくようにして下さい。