利用者負担の支払い・高額介護サービス費の支給

更新日:2017年03月01日

介護保険サービスを利用したときの費用は、サービスの種類や利用時間、要介護状態区分などによって細かく決められています。
原則としてその1割が利用者の負担になります。

居宅サービスを利用した場合の利用者負担

居宅サービスを利用した場合は、要介護状態区分ごとに、1か月に利用できるサービスの費用に上限(支給限度額)が決められています。限度額を超えたサービスを利用した場合には、超えた分の全額が自己負担になります。

施設サービスを利用した場合の利用者負担

施設サービスを利用した場合は、(1)食事以外のサービス費用の1割(2)食費・居住費の負担限度額(3)日常生活費など(日用品・おやつ代・理美容代等)が利用者負担となります。
なお、施設サービスの利用者負担は要介護状態区分などに応じて決められます。

1か月の自己負担が高額にならないためには・・・

高額介護サービス費の支給

介護保険制度では自己負担額に上限を設定しており、サービスの自己負担額がこの上限を超えた場合には、後から王寺町が「高額介護サービス費」として、超過分について保険給付をします。(同じ世帯に複数の利用者がいる場合には、世帯の合計額となります)
対象者には、利用月の翌々月にお知らせと申請書を送付します。その後、申請書を受け付けてから次の偶数月に支給します。
1度申請されますと、以後対象となった場合には、自動的に振込みいたします。

福祉用具購入費や住宅改修費の1割負担分、介護保険給付対象外のサービスの利用負担、支給限度額を超える利用者負担は、高額介護サービス費の対象となりません。

根拠法令

介護保険法

手続きの際に必要となる物

この記事に関するお問い合わせ先

福祉介護課

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-23 王寺町役場1階
電話番号:0745-73-2001(代表) ファックス:0745-32-6447

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。