イノシシ対策について

更新日:2019年04月01日

全国的にイノシシをはじめ、シカやサルなど野生動物による被害が報道されており、王寺町でも生息数の増加、農地や住宅地での目撃情報や農地被害が相次いでいます。

 

イノシシに対する町の施策

「捕獲対策」として、自治会長や農家の皆さんの要望を受け、「くくり罠」及び「はこ罠」の設置を行っており、平成31年1月末現在では町内に「くくり罠」は11箇所、「はこ罠」は5箇所の設置しています(設置基数は要望等により変更する場合があります)。

下記に「くくり罠」及び「はこ罠」の見本写真を添付していますので、ご覧ください。

 

 

くくり罠見本写真

くくり罠見本写真

はこ罠見本写真

はこ罠見本写真

 

 

イノシシ罠注意看板

注意看板

また、罠設置場所付近及び罠本体に左記の看板を掲示しています。特に小さなお子様には危険ですので、近づかないように指導をお願いします。

 

 

捕獲頭数は、平成19年度から27年度までは1年で最高5頭の捕獲のみでしたが、28年度には10頭、29年度には16頭、平成31年3月末現在ではすでに18頭の捕獲があり、年々増加しています。今後も、今まで以上に捕獲に力を入れていきます。

 

平成31年4月1日から野生鳥獣による農業被害を防止するための防護柵の設置費用の一部を補助する事業を開始します。補助率及び限度額は、資材費等の 2 分の 1 以内とし、限度額は 100,000 円です。

また、補助金の交付を受けた日から 5 年間は申請することができません。詳細については、下記「王寺町イノシシ等被害防止対策事業補助金」をご覧ください。

町民の安全にかかわる重大な問題と考え、対策を全力で進めていきますが、生息するイノシシをすべて捕獲し、駆除することは困難です。

イノシシに遭遇した場合は下記「イノシシにご注意ください」を参考に対策をとってください。

この記事に関するお問い合わせ先

住民課

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-23 王寺町役場1階
電話番号:0745-73-2001(代表) ファックス:0745-32-6447