特定外来生物「ヒアリ」について

更新日:2017年09月15日


6月に兵庫県尼崎市で確認されて以降、関西圏では神戸市、大阪市で確認されています。
また、愛知県春日井市、茨城県常陸太田市の内陸部においても見つかっています。
現時点では、王寺町を含む奈良県内では確認されていませんが、「ヒアリ」に似たアリが
いた場合は、決して素手で触らないようにご注意ください。
 

「ヒアリ」の特徴

・体長は2.5ミリメートル~6ミリメートル程度
・全体は赤茶色で腹部が黒っぽい赤色
・原産地は南米で、米国、中国、台湾など環太平洋諸国に分布が急速に拡大
・強い毒性を持ち、刺されると火傷のような激しい痛みが生じます

なお、市販のアリ用殺虫剤で駆除が可能です。
 

もし「ヒアリ」に刺されたら

刺された直後20~30分程度は安静にして、体調に変化がないか注意してください。まれにアレルギー反応(アナフィラキーショック)を起こすことがあります。
呼吸が苦しい、激しい動悸、めまいなど容態が急変した場合は早急に医療機関で受診し、「アリに刺されたこと」「アナフィラキーショックの可能性があること」を伝えてください。

もし「ヒアリ」を見つけたら
町内での生息の可能性は低いと思われますが、「ヒアリ」と思われるアリを見かけた場合は、決して素手で触れたりせず王寺町役場住民課(電話0745-73-2001)または、ヒアリ相談ダイヤル(電話0570-046-110)へ通報してください。

 

 

参考リンク先

この記事に関するお問い合わせ先

住民課

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-23 王寺町役場1階
電話番号:0745-73-2001(代表) ファックス:0745-32-6447