災害時は5段階の警戒レベルに注意してください

更新日:2019年07月01日

警戒レベルとは

平成30年7月豪雨では、発信された情報が多様で難解なことにより逃げ遅れを引き起こし、200名を超える犠牲者が出ました。

この教訓を生かし、住民のみなさんが情報の意味を直感的に理解できるよう、避難情報を以下の5段階でお知らせすることとなりました。

警戒レベル 1

とるべき行動

 行動を促す情報

警戒レベル5

(王寺町発令)

既に災害が発生している状況です。

命を守るため最善の行動(垂直避難など)をしてください。

災害発生情報 2

警戒レベル4

(王寺町発令)

立退き避難を基本とする避難行動をとってください。

・外出が危険な場合はより安全な部屋へ避難してください。

避難指示

警戒レベル3

(王寺町発令) 

避難に時間のかかる要配慮者は立退き避難してください。

その他の人は立退き避難の準備をし、避難に備えてください。

避難準備・高齢者等避難開始

警戒レベル2

(気象庁発表) 

ハザードマップなどで災害リスクや避難経路の再確認など、

避難に備え自らの避難行動を確認してください。

注意報

警戒レベル1

(気象庁発表)

 気象情報に注意するなど、災害への心構えをしてください

警報級の可能性

1 警戒レベルは必ずしも1~5の順番で発表されるとは限りません。最新の情報に注意してください

2 警戒レベル5が発令されると手遅れになる可能性が非常に高くなります。早めの避難で命を守りましょう

避難情報の発令について

従来の「避難勧告」は「避難指示」と同じ警戒レベル4に分類されていますが、

王寺町では警戒レベルをわかりやすく伝えるために、避難勧告の発令は行いません

詳しくは、王伸7月号に折り込みのチラシ(PDF:1.1MB)をご覧ください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理室

〒636-8511
奈良県北葛城郡王寺町王寺2-1-23 王寺町役場2階
電話番号:0745-73-2001(代表) ファックス:0745-32-6447