麻しん(はしか)が流行しています

更新日:2019年02月18日

大阪市の商業施設などを中心に集団感染が拡大しています。

麻しんウイルスの感染力は非常に強く、免疫を持っていない人が麻しん患者と接触した場合、ほぼ100%発症するといわれています。

麻しんの潜伏期間は、おおむね10~12日です。

下記に該当し、麻しんを疑う場合は、事前に医療機関に電話し、麻しんの疑いがあることを伝え、医療機関の指示に従って受診してください。

事前連絡をせずに直接医療機関を受診することは絶対にしないよう、お願いします。

「麻しんの疑い」があるのは次の場合です

症状(発熱、せき、鼻水、眼球結膜の充血、発疹等)があり、

1.麻しん患者と接触していた場合

2.麻しん流行国(特にアジアの国々)への最近の渡航歴がある場合

この記事に関するお問い合わせ先

保健センター

〒636-0003
奈良県北葛城郡王寺町久度2-2-1-501 リーベル王寺東館5階
電話番号:0745-33-5000 ファックス:0745-33-5001